【リーバイス501比較】米国流通とmade in the USA93の特徴

(スポンサーリンク)

かぴ原(かぴばら)
デニム大好き
36歳の2児のパパ。
ジーンズとファッションが大好きで163センチ56キロの細身体型です。
ジーンズソムリエ認定試験合格。

どうも、かぴ原(かぴばら)です!

 

この記事の内容
  • 米国流通モデルとMADE IN THE USA 93モデルの特徴比較
  • 米国流通モデルとMADE IN THE USA 93モデルのシルエット比較

 

現在リーバイス501には様々な種類のモデルがありますよね。

モデルが違うと特徴やシルエットが違います。

なので『穿いてみたいけど、その前にモデルの特徴やシルエットを知りたい』という方もいるのではないでしょうか?

そこで、リーバイス501の中でも比較的購入しやすいと思う米国流通モデルMADE IN THE USA 93モデルを私が独自の目線で特徴やシルエットを比較!して紹介します。

 

かぴ原
かぴ原

この2つのモデルは実際に私も愛用しているジーンズです。

 

(スポンサーリンク)

目次

米国流通モデル、MADE IN THE USA 93モデルとは

 

米国流通モデル、MADE IN THE USA 93モデルは現在購入することができる、リーバイス501の現行モデルです。(2023年2月現在)

 

それぞれのモデルを簡単にですが説明していきます。

 

米国流通モデル

 

全世界で流通しているまさに基本の501。

【シュリンクトゥフィット】という洗って縮めて体にフィットさせる未洗いの生デニムで、まさに育て上げるような感覚です。

生地は12.5オンス

 

MADE IN THE USA 93モデル

 

MADE IN THE USAとは縫製、加工にいたるまで、全ての工程をアメリカ国内で創り上げられたプレミアムなジーンズ

93モデルというのは、現代のリーバイス501に比べ腰周りやモモ周りにゆとりを持たせてある、93年当時の501を再現したものです。

生地は14オンス

 

購入方法

 

2つのジーンズとも店、またはネットで購入することができます。

ただし米国流通モデルは輸入品なので、地方の方は購入できる店が少ないかと思います。

私は地方に住んでいるので近くに販売されている店がなく、ネットで購入しました。

 

その点、MADE IN THE USA 93モデルは全国的に有名なライトオンの店舗でも販売されているので購入しやすいと思います。

私はライトオンで購入しました。

 

特徴比較

 

2つのモデルを【値段】、【シルエット】、【オンス】、【レングス】、【セルビッジ】、【縫製】、【糸の色】、【ジーンズの色味】を表にて比較しました。

青色で塗ってあるのは比較して長所だと思うところ

赤色で塗ってあるのは比較して短所だと思うところです。

 


米国流通モデル MADE IN THE USA 93
値段 約1万円 約2万円
シルエット 全体的にスッキリの
ストレート
お尻、モモにゆとりの
ストレート
オンス 12.5オンス 14オンス
レングス 30インチから選べる 32、34インチのみ
セルビッジ なし あり
縫製 キレイ
糸の色 オレンジのみ 黄色、オレンジの2色
ジーンズ色味 濃紺

 

それぞれのモデルに、良し悪しがあります。

 

米国流通モデル特徴


米国流通モデル MADE IN THE USA 93
値段 約1万円 約2万円
シルエット 全体的にスッキリの
ストレート
お尻、モモにゆとりの
ストレート
オンス 12.5オンス 14オンス
レングス 30インチから選べる 32、34インチのみ
セルビッジ なし あり
縫製 キレイ
糸の色 オレンジのみ 黄色、オレンジの2色
ジーンズ色味 濃紺

 

  • 値段の安さ

  • レングスのサイズが30インチから選べる

 

  • セルビッジではない

  • 縫製が雑

 

米国流通モデルの特徴は値段の安さではないでしょうか。

レングスが30インチから選べ、MADE IN THE USA 93モデル半額で購入できます。

しかしセルビッジではない、縫製が雑というのが気になる。

 

MADE IN THE USA 93モデル特徴


米国流通モデル MADE IN THE USA 93
値段 約1万円 約2万円
シルエット 全体的にスッキリの
ストレート
お尻、モモにゆとりの
ストレート
オンス 12.5オンス 14オンス
レングス 30インチから選べる 32、34インチのみ
セルビッジ なし あり
縫製 キレイ
糸の色 オレンジのみ 黄色、オレンジの2色
ジーンズ色味 濃紺

 

  • セルビッジのジーンズ

  • 縫製がキレイ

 

  • 値段がやや高め

 

MADE IN THE USA 93モデルは全体的に優等生のジーンズといった感じでしょうかね。

縫製もキレイですし、セルビッジです。

その分値段が約2万円と、米国流通モデルに比べたら1万円も高いですね。

 

特徴深掘り

 

それぞれのモデルの注目ポイントを私なりにまとめました。

詳しく解説していきます。

 

米国流通モデル

 

このジーンズはレングスのサイズが30インチ〜40インチまであり、レングスのサイズが豊富です。

MADE IN THE USA 93モデル32、34インチの2種類のみ。

レングスのサイズが30インチからある、豊富というのは、私のように身長が低くても裾上げしなくても穿けるということです。

 

自分に合ったレングスのサイズを細かく選ぶことが出来ます。

 

レングスのサイズが豊富なジーンズといえばリゾルト710が有名ですが、このジーンズの価格は2万円以上。

 

米国流通モデルは縫製が雑、セルビッジモデルではないといえど、この価格の安さでレングスのサイズが豊富なのでコストパフォーマンスは抜群に良いと思います。

 

ちなみに縫製が雑というのは、私の所持してる米国流通モデルの例でいうと、

ちょっと糸の縫い方が雑かなぁという程度です。

ぱっと見では分からないです。

 

じっくり見てみて気付く、という程度です。品質には問題ありません。

 

MADE IN THE USA 93モデル

 

MADE IN THE USA 93モデルは縫製はキレイ、そしてジーンズ好きには嬉しいセルビッジモデルが特徴的です。

米国流通モデルよりも優等生なジーンズと言えるでしょう。

糸が黄色とオレンジの2色使っており、米国流通モデルにはないオシャレ感。

 

 

 

リーバイスプレミアムのタグがあります。

 

ビッグEです。

 

そして穿き心地に関してはこのMADE IN THE USA 93モデルの方が良いです。

米国流通モデルの穿き心地はジーンズらしい、ゴワゴワした感じですが、

MADE IN THE USA 93モデル柔らかい生地感なので穿きやすいですね。

 

プレミアム感がある、平均点以上の優等生ジーンズです。

 

その分、米国流通モデル倍の値段してしまいますね。

 

シルエット紹介・比較

 

それぞれのモデルのシルエットを紹介して比較します。

ウエストサイズは

米国流通モデルが30インチ、

MADE IN THE USA 93モデルが29インチ。

私にはどちらもウエストジャストです。

 

米国流通モデル

スッキリとしたストレートシルエットのジーンズです。

 

 

細くもなく太くもなく、キレイなシルエットです。

 

 

 

 

お尻周り、モモ周りがMADE IN THE USA 93モデルよりもタイトな感じで現代風なシルエットです。

MADE IN THE USA 93モデル

お尻周り、モモ周りにゆとりがあるストレートシルエットです。

 

 

適度なゆとりがあるため非常に動きやすい、穿き心地も良いです。

 

 

 

お尻周り、モモ周りにゆとりがありますので下半身がガッチリした人でも無理なく穿けるジーンズだと思います。バックポケットは米国流通モデルよりも大きめです。

 

比較

米国流通モデル↓

 

MADE IN THE USA 93モデル↓

 

米国流通モデル↓

 

MADE IN THE USA 93モデル↓

 

こうして比較するとMADE IN THE USA 93モデルの方がお尻周りにゆとりがあり、若干裾幅が細く感じますね。

 

比較してみて
  • 米国流通モデルは足元まで太さが変わらないストレートシルエット
  • MADE IN THE USA 93モデルはお尻周りにゆとりがあるストレートシルエット
 

まとめ

米国流通モデルMADE IN THE USA 93モデルと2つのリーバイス501を私なりに比較してみましたが、いかがでしたでしょうか?

現行のリーバイス501でもそれぞれに特徴、シルエットの違いがありますね。

2つとも私のお気に入りのジーンズです。

それぞれの色落ちの違いも楽しみの1つです。

ちなみに私は最初に米国流通モデルを購入してから、MADE IN THE USA 93モデルを購入しました。

米国流通モデルは価格が安いので購入しやすかったからです。

そしてしばらく穿いているとシルエットの違うものが欲しくなり、同じ501でも、ややゆとりのあるシルエットのMADE IN THE USA 93モデルを購入したのです。

もし最初に501を購入するなら、米国流通モデルを選ぶのがオススメかなと私は思います。

価格的な面でもオススメですし、スタンダードなジーンズ、これぞリーバイス501!だと思うからです。

気になるようでしたら、それぞれの501をチェックしてみてください。

ライトオンオンラインショップ

\自宅で試着、返品送料無料/

では、今回はこのへんで。

読んでいただきありがとうございます(^^)

リーバイス501についての記事です↓

あわせて読みたい
【糊落とし縮み】リーバイス501、米国流通とmade in the USA 93 リーバイス501、米国流通モデル(W30L30)とMADE IN THE USA 93モデル(W30L34)の糊落としの縮みを検証しました。
あわせて読みたい
【評価】リーバイス501 made in the USA ’93モデルの経年変化を画像付きでレビュー! リーバイス501MADE IN THE USA 93モデル(W29L34)の1年穿いた感想は…。洗濯頻度は月1で、青みが増してます。
あわせて読みたい
【評価】リーバイス501米国流通モデルの経年変化を画像付きでレビュー! リーバイス501米国流通モデルの1年穿いた経年変化と感想は…。月1洗濯でさらに青みが増してます。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログではジーンズのレビュー記事、ファッションアイテムのレビュー記事など私なりに書いています。
2023年ジーンズソムリエ資格認定試験合格。
身長163センチ、56キロ。細身な体型、シンプルな服装が好みです。
インスタグラムも覗いてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次