【オススメリュック】カバンに悩む30代メンズならこれに決まり!

(スポンサーリンク)

かぴ原(かぴばら)
デニム大好き
36歳の2児のパパ。
ジーンズとファッションが大好きで163センチ56キロの細身体型です。
ジーンズソムリエ認定試験合格。

どうも、かぴ原(かぴばら)です!

この記事はこんな方にオススメ
  • 大人でも違和感なく背負えるシンプルなリュックがほしい
  • 仕事でもプライベートでも使えるカバンってないかな
  • ノートパソコンを収納できるリュックを探している

私は出掛けるとなると、子供の持ち物とかで色々と荷物が多くなってしまうのでリュックが必需品です。

リュックは収納力があり、両手が自由に使えるのでとても利便性がありますよね。

子育て世代の30代はリュックを使用している方が多いと思います。

カピ原くん
カピ原くん

でももう30代だしアウトドアブランドとかのリュックだとカジュアルすぎるんだよね…。

かぴ原
かぴ原

そんな方には【NOTIVE/CANTERA】というブランドのリュックがオススメだよ!

出典:NOTIVE/CANTERA

NOTIVE/CANTERAの特徴
  • シンプルで機能的なデザイン
  • 使用シーンや年齢を選ばない

私は【NOTIVE/CANTERA】の[CHELSEA]というモデルのリュックを所有してます。

私自身、長らくリュックを探していました。

そんな時に【NOTIVE/CANTERA】のリュックのシンプルなデザインと機能性に惹かれ、購入するに至ったのです。

デザインはもちろん、実際に使用しての機能や収納面においても私は大変満足してます。

本記事では、そんな【NOTIVE/CANTERA】のリュックを私なりに紹介していき、オススメ理由、記事後半には使用してみての感想なども書いております。

この記事の内容
  • NOTIVE/CANTERAというブランドとは
  • なぜ30代にオススメしたいリュックのか
  • 使用してみての感想
  • 購入方法

(スポンサーリンク)

目次

NOTIVE/CANTERAとは

2019年春夏シーズンよりスタートしたバッグブランド。

類まれなる機能性デザイン性コストパフォーマンスも相まって、大手セレクトショップのBEAMSSHIPSURBAN RESEARCHなどのショップで高く評価されてます。

種類はリュックの他にも、ナップサック、ショルダーバッグ、ボディバッグ、財布などがあります。

特徴1.シンプルデザイン

このブランドの特徴はデザインがシンプルという点です。

シンプルということは老若男女が違和感なく使用できますよね。

出典:NOTIVE/CANTERA

他のアウトドアブランドやビジネスバッグブランドには無い、独特なシンプルデザインです。

特徴2.機能面

防水機能とドイツ社のFIDLOCK社製による先進的で非常に使い心地の良いマグネットバックルを備えています

↑これがサイドポケットにあるマグネットバックル。

磁石のようにパチっとボタンがとまり、外し方は引っ張るだけです。

モデルによっては防水機能がないのもありますので注意してください。

CHELSEAというリュック

特徴
  • 折りたたみ傘やボトルを収納可能なサイドポケット
  • 片側はパーソナルアクセサリーを収納できるセキュリティ性の高いFIDLOCK付き
  • ノートパソコンを収納できるクッション付きスリーブ
  • 背面サイドポケット付き
  • 手提げの状態時にも手馴染みの良い、レザーハンドルストラップ
  • ボーダーレスで様々な体型や服装の方にもマッチする普遍的なデザインとフォルム

私はネイビーの色を持っています。

外観と収納面を見ていきましょう。

外観

シンプルなデザインのリュックです。

収納面

このリュックの収納面を見ていきます。

サイドポケット2つ、メインポケット、スリーブポケットに2つ、フロントポケット、背面ポケット、と収納箇所があります。

サイドポケット

▲両サイドのポケットは700ミリリットルのペットボトルが入ります。

メインポケット

▲700ミリリットルのペットボトル8本入ります。

底にはクッションがあり、持ち物を衝撃から守ってくれます。

スリーブポケット

▲スリーブポケットの収納は2つ。

ポケット全体にクッションが付いています。

▲A4ファイルを入れてみました。

クッションあり。

ある程度の大きさのノートパソコンやタブレットはこちらに入れれます。

▲前面のチャックの付いているポケットにA4ファイルを入れてみました。

クッションあり。

やや小ぶりのポケットなのでこちらは充電器などのガジェット系小物を入れたほうが良さそうです。

フロントポケット

▲マンガの単行本がすっぽり入ります。

ちょうど縦はマンガの単行本とピッタリサイズです。

▲マンガの単行本を横にしても上下左右のゆとりはあります。

背面ポケット

▲結構背面ポケットは大きめです。

チャック部分の寸法を測ってみました。

▲約27.5センチ。

かなり大きいサイズです。

▲B5の紙がちょうどにピッタリ入ります。

▲B5の紙がにすっぽり入ります。

なぜ30代メンズにオススメしたいリュックなのか

実際に私は【NOTIVE/CANTERA】の【CHELSEA】というモデルのリュックを使用してます。

30代メンズは仕事に子育てに忙しい日々だと思います。

そんな30代メンズにオススメしたい理由を解説していきます。

仕事に使える

  • シンプルデザインだから仕事に持っていける
  • ノートパソコンを収納できるクッション付きスリーブがある

このリュックはシンプルデザインなのでスーツに背負っても違和感ありません。

カピ原くん
カピ原くん

アウトドアブランドのリュックだとさすがにスーツに合わないよね。

そしてノートパソコンが収納できるクッション付きスリーブ、これが仕事に使えるリュックとしての最大のポイントです。

仕事用で持ち運びする前提で使用しているノートパソコンはそこまで大きなサイズではないです。

おそらくパソコンのサイズは13インチ程度

このサイズならスリーブポケットにすっぽりと入れることができ、もちろんリュックなので収納面は抜群。

ノートパソコンを入れてもまだまだ荷物を入れることが可能です。

かぴ原
かぴ原

公共交通機関を使った出張などでもこのリュック1つ持っていけば事足ります。

カバンが少ないほうが移動が楽ですよね。

プライベートにも

もちろんプライベートにも使用できます。

デザインもシンプルで30代のメンズにピッタリの雰囲気。

かぴ原
かぴ原

家族でお出かけとなればこのリュック1つで事足りますよ。

自分の荷物と子供の荷物を入れれる収納力があります。

カピ原くん
カピ原くん

それにリュックだから両手が自由に使えるのも良いよね。

子供を抱っこするのもラクラクだね。

使用してみて

ここから実際に私が使用しての感想を書いていきます。

リュックを背負った画像も載せてます。

感想

プライベートはもちろん、仕事にも使えるリュックなので大満足です。

まさに一石二鳥のリュック

収納力があるのは当然ですが、リュックの底部分にクッションがあるので荷物を傷つけにくいのがうれしいです。

私の妻もちゃっかりこのリュックを使っています。

シンプルなデザインなので夫婦で使うことができますよ。

▼そしてほとんどのチャック部に付いているこのヒモ。

このヒモのおかげで開閉しやすいのも嬉しいポイントなのです。

さりげな気遣いがまた良いですね。

残念な点

私が使っている【CHELSEA】のリュックは防水機能がないモデルです。

そこだけが残念。

これで防水機能が付いていたら言うことはないリュックですので防水機能を付けてほしかった…。

背負った画像

白シャツとダウンジャケットの2パターンで背負った画像を載せます。

白シャツ
ダウンジャケット

シンプルなデザインのリュックなので無難にどんなコーディネートでも合うと思います。

かぴ原
かぴ原

色が青なので何気にジーンズとの相性も良いですね。

購入方法

【NOTIVE/CANTERA】はBEAMSSHIPSURBAN RESEARCHなどのセレクトショップで販売されています。

アマゾン・楽天などで

種類は少ないですがアマゾンや楽天などのでも購入可能です。

オンラインストアで

【NOTIVE/CANTERA】公式オンラインストアでも購入できます。

私はオンラインストアで購入しました。

ビームスのオンラインストアでも購入できますよ。

まとめ

仕事にもプライベートにも使える、間違いなく大活躍するリュックです。

デザインもシンプルでどんな服装にも合い、コーディネートしやすいのでオススメです。

【NOTIVE/CANTERA】はリュックの他にもトートバッグやショルダーバッグなどもありますので気になる方はチェックしてみてください。

それでは今回はこの辺で。

読んでいただき、ありがとうございます(^^)

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログではジーンズのレビュー記事、ファッションアイテムのレビュー記事など私なりに書いています。
2023年ジーンズソムリエ資格認定試験合格。
身長163センチ、56キロ。細身な体型、シンプルな服装が好みです。
インスタグラムも覗いてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次